ご存知の方も多いと思います。 
面白みの無いトピックでごめんなさい。 


国交正常化のたえに日韓基本条約とそれに関連する財産及び請求権に関する賠償で、韓国に3億ドル相当の生産物を無償提供した事で慰安婦などに関する問題の解決とした。 
1990年代、慰安婦などの尊厳を守るため同期的観点からアジア女性基金が設立され、そこからも慰安婦に対して賠償金・償い金を支払われた。 

1996年、謝罪と賠償を追求する韓国に対して、当時の橋本総理と日本政府が謝罪をした。韓国側は「謝罪をしろ」と日本に迫るが、すでにとっくに謝罪は済んでいるのです。 
慰安婦と言われている方々は今で言う売春婦であったが、その売春行為で韓国女性の尊厳を著しく侵害したとして、慰安婦の方々ひとりに付き200万円の賠償をした。賠償した韓国人慰安婦の数はおおよそ140名と言われている。総額はおおよそ1億4千万円相当だったという。 

にも関わらず、当時の慰安婦達は日本政府に「もっと金をよこせ」と言い続けている。 
慰安婦が強制連行されたというのは朝日新聞が根拠も証拠も無く捏造した記事であり、慰安婦の方々はそのほとんどが、日本軍が用意した施設で働くただの売春婦であった。 
強制連行されたと主張する自称元売春婦は、謝罪と賠償を求めるために裁判を行ったが、証拠物件が何も無かったために敗訴。 

日本軍に無理やり連れて行かれ、当時の三菱重工で強制労働させられたと訴えた韓国の方々が居たが、これも証拠が無いため裁判で勝つことは出来なかった。