http://karapaia.livedoor.biz/archives/52167189.html引用


no title

 知能とは論理的に考える、計画を立てる、問題解決する、抽象的に考える、考えを把握する、言語機能、学習機能など、人間が持つ最高の知的特徴のひとつである。長年に亘り「知能」は「先天性」なのか「後天性」なのかという議論が存在したが、現在では両方が重要な役割を担っている事が判明している。

 その知能を測定するのにIQ(知能指数)が用いられる。知能検査方法もいくつかあり、かつての偉人たちの数値を厳密に知ることは今となってはできないわけだが、歴史上、IQが最も高いとされている10人を見ていくことにしよう。


10. スティーヴン・ホーキング (IQ:160)

1_e7

 良く知られている天才の一人は、イギリスの理論物理学者であり「車椅子の物理学者」としても知られる、スティーヴン・ホーキングだ。彼は1988年に出版した「ホーキング 宇宙を語る」の中で語られる特異点定理で最も知られている。この本は全世界1000万部を超える大ヒットとなった。


9.アルベルト・アインシュタイン (IQ:160~190)

2_e6

 アルベルト・アインシュタインはIQテストを受けていない為、実際の指数は判明していないのだが、専門家によると恐らく160から190前後だと言われている。アインシュタインは1870年にドイツで誕生した物理学者で、彼の物理学への功績により現在の物理学が成り立っていると言っても過言ではない。彼の発見した相対性理論は量子力学の発見と並んで物理学上最も大きな功績だと言われている。また彼は原子力についても数々の功績を残している。


8. ユディット・ポルガー (IQ:170)

3_e6

 チェスは古くより知略のゲームだと言われている。そのため必然的にチェスランクの高い人物はIQが高い事が多い。ユディット・ポルガーは歴史上最強の女性チェスプレイヤーでチェスの最高位であるグランドマスターというタイトルを15歳4か月という若さで獲得した人物だ。今日に至るまで世界チャンプ「ガルリ・カスパロフ」を打ち破り、世界ランク1位を獲得した女性は彼女のみで、彼女は今でも女流チェスプレイヤーの憧れの存在である。


7. レオナルド・ダ・ヴィンチ (IQ:180~190)

4_e7

 アインシュタインのようにレオナルド・ダ・ヴィンチのIQを正確に判断する事は不可能だが、専門家は恐らく180から190だろうと予想している。確かに彼の偉大な功績を考えると妥当と言えるかも知れない。レオナルド・ダ・ヴィンチは世界で初めて知れ渡った「博学者」と言えるだろう。彼の功績は絵画・彫刻・音楽・数学・工学・地学・地図学・文学と多岐にわたる。


6. マリリン・ボス・サバント (IQ:190)

5_e6

 1946年に誕生した彼女が脚光を浴びる切っ掛けとなったのは、ギネス記録で「世界最高のIQ」と言う肩書を持つようになってからだ。その当時の彼女のIQは190であった。

 記録獲得の後、彼女は「マリリンにおまかせ」という質問コラムを開いた。これは読者から寄せられた数学・理論・人生相談・物理学・政治等の数々の質問に彼女が答えて行くというものだ。彼女の最も有名な話の一つは確率論の問題である「モンティ・ホール問題」に対して正しい答えを出し、後にそれに対して批判・反論を行った世界中の大学教授を論破した話であろう。興味のある人は調べてみると良い。ちなみに「マリリンにおまかせ」は現在も連載中である。


5. ガルリ・カスパロフ (IQ:194)

6_e6

 ガルリ・カスパロフもまた、チェスのグランドマスターであり、ロシアの政治家でもある。1986年にデビューしてから2005年までの間、彼は世界1位のランクを228ヶ月中225ヶ月守り抜いたタイトルの最長記録保持者である。

 また彼はIBM製のチェス専用コンピューター「ディープ・ブルー」との対戦や、現ロシア連邦のウラジミール政権に対する反対派としても有名だ。現在彼はチェス界から一線を退いており、ロシアで民主化運動を行っている。


4. キム・ウン・ヨン (IQ:210)

7_e5

 キム・ウン・ヨンは1963年に韓国で生まれ、生後6ヶ月で言葉を話し始め、3歳になる頃には英語・ドイツ語・韓国語・日本語を読めるまでになっていた。彼の名が知れ渡る頃に彼はアメリカに移住し、後にNASAで十数年勤務した。その後、彼は韓国に戻り、教師として働いている。

彼には知能も才能もあり、名声を得ることもできただろうに、教師と言う平凡で控えめな職業に就いた事で多くの人間を驚かせた。
 

3. クリストファー・ヒラタ (IQ:225)

8_e4

 クリストファー・ヒラタは誰もが認める神童だ。彼は13歳という若さで、アメリカで開催された国際物理オリンピックの金メダルを獲得した。これは国際物理オリンピックの最年少記録である。その後14歳でカリフォルニア工科大学に入学し、プリンストン大学において22歳という異例の若さで博士号を取得した。現在31歳の彼はカリフォルニア工科大学で天体物理学の講師をしている。


2.テレンス・タオ (IQ:225~230)

9_e3

 テレンス・タオは中国系オーストラリア人数学者で幼少期より神童として名が知れ渡っていた。香港よりオーストラリアへ移住してきた両親の間に生まれた彼は、調和解析・組み合わせ論等の数多くの数学分野で活躍を見せた。2006年に数学のノーベル賞と言われる「フィールズ賞」を受賞し、現在はロサンゼルスにあるカリフォルニア大学で数学の講師をしている。


1. ウィリアム・ジェイムズ・サイディズ (IQ:250~300)

10_e5

 ウィリアム・ジェイムズ・サイディズも実際のIQが分からない人物の一人である。専門家によると250から300だと言われているが、彼の功績を知る物は少ないだろう。何故なら彼の功績の殆どは偽名で発表されていたと考えられている為、その詳細が完全には判明されていないからである。

 彼は1898年に医者の母親と心理学者の父親との間に生まれた。両親はウィリアムにナチュラルな英才教育を施したという。その結果、彼は生後18ヵ月でニューヨークタイムズ紙を読み、4歳で解剖学の学術論文を執筆するまでに至った。8歳になる頃にはギリシア語・英語・ラテン語・ロシア語・ヘブライ語・フランス語・ドイツ語で本を出版した。

 その後、ハーバード大学にハーバード大学史上最年少記録である11歳という若さで入学し、数学を学んだ。卒業した彼は大学で数学の講師を務めたが、生徒の多くが彼より年上だった為、妬まれたり嫌がらせを受け、人間不信に陥ったという。

 また同時期に民主運動にも参加していたため、それを快く思わなかった両親により精神病治療を勧められ、度重なる疲労の為1921年には学会から一線を退きその後は平凡な人生を歩んだ。46歳という若さで脳溢血によりその人生は幕を閉じた。

via:therichest・原文翻訳:riki7119

追記:このランキングには入っていなかったが、他にも高IQを持つとされる人物を何人か。

5_e10クエンティン・タランティーノ(IQ:160)
アメリカの映画監督( 1963年3月27日 -)。母親は僅か16歳で未婚のままタランティーノを生んだ。タランティーノが生まれてから間もなく母親は音楽家のカーティス・ザストゥーピルと結婚。母親も大の映画マニアで、一緒に映画を見て育った。


3_e12ゴットフリート・ライプニッツ(IQ:205)
 ドイツの哲学者、数学者( 1646年7月1日 - 1716年11月14日)。ルネ・デカルトやバールーフ・デ・スピノザなどとともに近世の大陸合理主義を代表する哲学者である。


4_e11ゲーテ(IQ:210)
ドイツの詩人、劇作家、小説家、自然科学者、政治家、法律家(1749年8月28日 - 1832年3月22日)。ドイツを代表する文豪であり、小説『若きウェルテルの悩み』『ヴィルヘルム・マイスターの修行時代』、叙事詩『ヘルマンとドロテーア』、詩劇『ファウスト』など広い分野で重要な作品を残した。


6_e10大前研一(IQ:216)
日本の経営コンサルタント、起業家(1943年2月21日 - )。神奈川県立横浜翠嵐高等学校を経て、早稲田大学理工学部卒業。東京工業大学大学院原子核工学科で修士号を取得。1970年マサチューセッツ工科大学大学院原子力工学科で博士号を取得した。


1_e14ジョン・フォン・ノイマン(IQ:300以上)
あまりの頭の良さに火星人、悪魔の頭脳を持つ男と言われたハンガリー生まれのアメリカ人数学者(1903-1957)。全てのコンピュータの基礎を考えだしたことから、現在動いている全てのコンピュータは「ノイマン型コンピュータ」とも呼ばれている。