http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4087400.html引用

18:名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/19(月) 10:28:40 ID:bxolfP8y
5年前くも膜下出血で2ヶ月入院したことがあるのだが 
そこの病室で起きた奇妙な出来事 

個室にいたときの話だが夜になると隣の部屋から何か物音がする 
どんどんと壁を叩く音足を引きずるような音・・・・ 
あまりに続くので看護士に言った「夜中に隣の人がうるさいんですけど」 
看護士は不思議そうな顔をしたが「わかりました」とだけ言って部屋を出た 

その日の面差の時車いすを教えてもらいながら部屋を出た私はどんな人が隣にいるのか 
見てやろうと隣の部屋を見ると重病患者がいるだけで音のした方には部屋がなかった 
私の部屋は1番端っこにあったのだ
病院 

20: 名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/19(月) 21:16:09 ID:FWytMLCz
高校生のころ、父親が交通事故をおこし救急病院に入院した。 
母と一緒に2人部屋の病室に泊り込みで父の看病をしていた。 
疲れた母が先に隣のベッドで寝てしまったので、一人で起きて父を見守っていた。 

夜中の12時を過ぎたころだったか、廊下の明かりが漏れる部屋の中、 
フッと母のベッドの方を振り向くと 
薄暗い部屋の中に母のベッドを頭の方から方から覗き込む誰かがいる…。 

目を凝らして見ると、小学生くらいの体が透き通った男の子が母のことを覗き込んでいた。 
ジッと見ていると男の子が見つめる私に気付き、
驚いたように上下からゴムマリのように縮んで消えてしまった…。 


その間、10秒くらいのできごと。 
今、思えばその男の子は自分のお母さんを探して夜な夜な病室をさ迷っていたのではないかと思う。 



21:
 名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/19(月) 23:52:38 ID:+9uP3tHf
読まなければ良かった…私、個室なの(>_<) 
怖くて目つぶれない(ΘoΘ;) 



22:
 名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/20(火) 00:12:47 ID:UeEjbAmx
|_・)ママン...ソコニイタノ... 



106:
 名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/27(金) 22:27:52 ID:szQDaJSg
お産で入院した時。
個人の小さな産院で、1階が外来診察室
、2階が分娩室や手術室、3階が入院病棟になっていた。
夜中に
授乳したついでにトイレに行こうと思い廊下に出て、何気なく階段の下を見たら、
一休さんみたいな墨染めの着物を着た三歳
くらいの小坊主さんが
4人くらい列になってすーっと2階の廊下
を歩いて行くのが見えた。 

あの子達は小さいままだから、階段を上がって来れないんだなと何気なく思ったが、
後でもの凄くぞっとした。
なんでその時
冷静にそんな事考えたのか解らない。 



107:
 名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/27(金) 23:04:35 ID:M+4RJZXy
小坊主コワス・・・ 



216:
 名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/26(火) 00:16:04 ID:3iGxXlI8
指を少しばかり切断してしまい入院になったと言うおじさんが話していたのだが 
切れている指先を亀甲たわしみたいので、麻酔無しでゴシゴシ洗われたんだって… 
骨も見えてたらしいけど、聞いただけで、恐かった… 
その点私は、内科だから入院が長引いてもよしとしないとと自分を納得させた。 



217:
 名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/26(火) 10:07:30 ID:0bZAomrK
>>216 
ひーやー 



219:
 名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/26(火) 18:15:26 ID:tzEWvId9
>>216 
俺も同じように以前、指を少しばかり切断した事あるけど 
同じようにタワシでゴシゴシと擦られた。 
その後、麻酔して縫合。タワシで擦られた時は感覚が麻痺してて 
痛くなかった(・・・と言うより痛すぎて判らなかった)けど、 
その後の麻酔を打つ時の痛かった事・・・・。 

他に何回か縫合手術を受けた事あるけど、縫合の前には必ず傷口を 
ゴシゴシとタワシで洗われた後に麻酔を打つ。全部違う病院だけど 
手順が一緒だから、これが正解なんだろうね。 



51:
 本当にあった怖い名無し:2007/09/03(月) 19:07:54 ID:NY4pmYkX0
1. 

場所は某大学病院。 
救急車で搬送され目しかまともじゃなかった。到着して看護婦が 
「帰れ。この野郎が」 
確かに担架にいる自分に言った。同伴した姉を掴んで「連れて帰って」と一言。 
先生たちが四人くらい来て「うわあー。こりゃ酷い。輸血だな」とか 
そう言い出したら「ずっと呼吸が苦しそうなんです」と態度が豹変。 

病棟で個室に入れられて輸血されるとき若い医者の兄ちゃんたちが入ってきて、鼻歌や 
雑談し始めた。 
「まじ、受けない?」 
「ちょっとー、どうやってやるんだっけ」 
浮かれてるようだった。 

腕をつねられたんだが、医者がそんなことするわけないと思った。 
更にもう一人が自分の爪をはじいたり、剥がそうとしたりした。 
本当に焦った。顔を何人かで覗いたり、髪をなぜなぜしたり、手をにぎにぎ 
された。腕や手首が気に入ったらしく「あー、細い細い」と力をこめてにぎられた。 


52: 続き:2007/09/03(月) 19:21:26 ID:6TEAtdOM0
2. 

いつの間にか輸血されてたんだけど、連中のうち一人だけが残った。 
何にも言わないで顔をずっと見てた。恐くなりこっちから話し掛けてみた。 
「あのー、ここは随分お医者さんがいるんですね」 
無視。きっと聞こえなかったんだと思いさらに大きな声で言ってみた。 
完全に無視。そのうち疲れて寝てしまった。 

後日、その連中から挨拶があった。とても真面目そうでふざけたりする人間では 
ない感じがした。幻覚だったのかと自分は悩んだよ。 
顔を覗き込んで無視していたA先生がそのあとニコニコした態度だから更に混乱した。 
きっと被害妄想だと思った。 

何週間か後、どうしてもとらなきゃいけない臓器があって外科に転科した。 
最初にいたのが内科でA先生も内科医。とてもいい人らしく、毎日朝晩外科にまで 
きてくれた。明るくてみんなから好かれているようだった。 


54: 続き:2007/09/03(月) 19:34:31 ID:fglrASW20
3. 

また内科の病棟に戻れと言われ戻ったんだけど、姉が担当医を変えてほしいと言う。 
A先生はいいひとだと思い込んでいたので反対した。 
何ヶ月か経ったある日、正月になったので病棟の患者は帰って無人に近かった。 
「君は帰れないし、外出させないよ」 
そうA先生から言われたので従った。 

大晦日、どうにも手術したお腹が痛くなってしまい、ナースコールを何度も鳴らした。 
A先生が来た。 
「鳴らし方が悪いんじゃない」 
いきなり寝たきりの自分の上にA先生が落ちてきた。手術後の場所に膝をたてられ 
びびった。暴れたので点滴が抜けて大量に出血。 
先生がナースコールを鳴らした。同僚のB先生が来て点滴をさしなおすことに。 
今までにありえないくらいの激痛に腕をぶん回した。さらにベッドは血だらけ。 


57: 続き:2007/09/03(月) 19:48:19 ID:KQw/+CLR0
4. 

首をひねったら病室の入り口には姉と看護婦がいた。 
先生たちはそれに気がつき「カンファレンスだから、またあとで点滴ね」 
そう言い立ちさられた。 

パジャマやベッドは血だらけだったし、切った腹の傷口はじくじくしてきた。 
姉は「頭おかしいよ。絶対あいつら変だよ」とわめきだした。 
看護士は無言でシーツを変えてくれた。 

姉は病院にクレームを入れると騒いだが自分は反対した。あんなに良くしてくれた 
A先生がおかしいはずがない。なんかの間違いじゃないかと言い返した。 
「じゃあ、なんであんたの腹に膝蹴りするのよ」 
返す言葉がなかった。 

A先生が自分にそんなことするもんかという思いと実際にやられた恐怖が 
ごちゃごちゃになってしまい胃潰瘍になった。 

クレームは入れず、春には退院した。 
姉が妄想しておかしいのか、自分がやられたことはなんだったのか、A先生が 
おかしいのか、なんなのか、今更になって恐い話です。 

退院してからけっこう恐くなった。 
長文、誤字脱字すまん。 
あんま、恐くないな。 



58:
 本当にあった怖い名無し:2007/09/03(月) 19:50:23 ID:DkFvIh8KO
それ本当なら病院名出して 
間違って行かない為に 



60:
 50:2007/09/03(月) 19:55:07 ID:XESVa6vk0
身バレしたくないので詳しくは言えないが旧帝大です。 
研修医暴行事件とかでたまにニュースになったりするあの病院。 
でも研修医の事件なんてどこでもあるか。 



63:
 本当にあった怖い名無し:2007/09/03(月) 21:37:50 ID:Q0LyY/s1O
一応書いとくと 
爪をはじいたりするのは、膝たたくのと一緒で「反射」をみてる 

救急搬入の場合、神経症状の検索は必須だ 



64:
 本当にあった怖い名無し:2007/09/03(月) 21:44:52 ID:Q0LyY/s1O
研修医目線からみると、その研修医の行動の理由がある程度理解できるんだけどね 

看護師の方はマジでわからん 



68:
 50:2007/09/04(火) 00:53:14 ID:Ng6YJvN80
>>64 
膝蹴りも何か意味がある行為なんでしょうか? 
自分の上に手術したところに片膝を立てる感じでいきなりベットに飛び乗り 
自分の上にドンと着地してきたんだけど。 

点滴を差し替える時もその体制で膝がハラにめりこんでた。 
点滴を差し替えるとき暴れないよう抑えることはよくある行為ですか? 
だったら納得できるんだけど。 



73:
 本当にあった怖い名無し:2007/09/04(火) 23:01:24 ID:nvcs5Hb40
>>68 
譫妄の患者を押さえつけることはあると思うよ、 
そういう状態だったとかじゃない? 

でも、それにしても膝蹴りとか、
患部に不適切な衝撃や圧迫与えたりする行動は不可解だし説明つかないね。 
押さえる為に付随して仕方なく結果そうなってしまったならともかく、
それでもちょっと不可解、膝けりとか普通じゃ在り得ないね、
看護師による患者への単なる暴行かも知れない。 



485:
 名無しさん@お大事に:2007/09/29(土) 20:22:53 ID:zzNpo+ws
ある日の昼14時頃病室の外窓から覗かれた 
こちらが気がついたやいなや 
「あっ失礼しました人違い…お大事に」 
といってサラリーマン風の男性は走って俺の視界から消えた 

だがここは11階 
窓は10センチ位しか開かないしし開けてはならない規則(重病の患者ばかりな病棟) 
テラスや足がかかる場所など無い 
俺は個室で独りきりだったから証拠はない 
因みに勿論俺も世間一般に言えば重病人だが、
すこぶる体調が良い日だったので寝ぼけていた訳でもない。 


しかも彼は窓硝子に対し正面より斜め45度の方向へ(=空を歩いて)フェードアウトしていった 


同じ日、夕方に外来に診察に下りる際に他の個室のドアが
たまたま機器搬出で開いていたのかちらっと中が見えた 


壮絶な処置の事後であった 

…お悔やみ申しあげます。お疲れさまでした。俺も体を大事にします。 



28:
 本当にあった怖い名無し:2008/08/31(日) 18:10:14 ID:bvStIPhBO
医療機器メーカーの者です。 
あるクリニックで器械の試用貸し出しをしていた時の事です。 
そこは産婦人科で、その日は若いナースに器械の説明をしていました。 

説明が終わり雑談をしていた時、霊の話になりました。 
その娘はまだナースでは無く、クリニックに住み込みながら雑用をしつつ
看護学校に通っているらしいのですが、ある夏の夜、誰かがうめくような声に目が覚めたそうです。
 

当時、クリニックは婦人科の外来のみで産科の患者は実質診ておらず、入院患者はいないはず・・・ 
無視もできないので声のする1Fに下りていくと、どうやら分娩室から声が聴こえます。 

思い切って扉を開けた瞬間、目に飛び込んできた光景は、
血まみれでへその緒がついたままの新生児が床を這っている姿だったそうです。 

しばらくしてクリニックを訪問した時にはもうその娘は辞めていました。 



100:
 本当にあった怖い名無し:2008/09/06(土) 21:49:01 ID:9z+sZXpTO
友達が看護婦なんだがやっぱり
無人の部屋からのナースコールなどは普通にあるらしい 



103:
 本当にあった怖い名無し:2008/09/07(日) 04:44:23 ID:Jt1Wn5ci0
何年か前に入院してた時の話です。 
今はその病院の敷地内でタバコは吸えなくなりましたが、
その当時は喫煙室という場所が病院内にありました。 

その喫煙室で凄く顔色の悪いおじさんが、私の隣の席に座りタバコを吸い始めました。 

そして私に、 
「俺はどの薬を試しても全然効かないんだ。もうすぐ死ぬと言われた。
どうせ死ぬなら他の奴等を道連れにしようかな…」 

と、ぽつりとつぶやきました。 

その病院はそこそこ大きい総合病院で、外来患者も多く、そのおじさんはつぶやいた後に、 
「明日は外来も多いしな…」 
と… 
それを聞いた私は、危ねぇオッサンと思いながらも、タバコを吸っていましたが、
オッサンが喫煙室から出た後、喫煙室に居た他の入院患者に話しました。 


他の入院患者さんもそれを聞いて、 
「あいつマジで危ないで」 
と言うので、もし本当にそのオッサンがマジでやったらまずいと思い、
病棟に戻った時に看護師さんに伝えました。 


その次の日、そのオッサンの姿を見かけましたが、
その翌々日からそのオッサンの姿を見る事は無かったです。
 

私がその話をした看護師さんは、 
「一応全部の病棟に連絡しておきます。」 
と言ってました。 
あのオッサンはどうなったのか今はわかりませんが、その病院に来月入院します…orz 



151:
 元・ドクター:2008/09/10(水) 23:07:53 ID:+D1Mmzzp0
※霊感強い人閲覧注意
今思い出してもゾッとする。北海道の某病院会議室で懇親会を開いた時のことだ。 

お寿司を前に談笑するみんなをビデオカメラで撮影した。
後日そのビデオを見て気持ちが悪くなってしまった。 


というのもすばり霊が撮影されていたからだ。過去に心霊写真のような物は撮ったことがある。 
でもそれはあくまで”ようなもの”だった。 
顔のようだと言えば顔にも見え、染みだと言えばそんな気もする漠然としたものばかりだった。 
今回のビデオは違った。どんなガンコ者や目の悪い人間が見たとしてもそれは顔だった。 

カメラは談笑している人達を普通に写していた。
会議室の壁にかかったカレンダーの前を一旦ターンする。 

その時まだ異変はなかった。 

次にカメラがカレンダーのところへ来た時、そこにはかなり大きく若い女性の顔が浮かび上がっていた。 
しかもその顔ときたら苦悶の表情を浮かべ、何か強烈な悪意さえ感じた。 

このビデオを見た人はマジ震え上がっていた。
貸して欲しいと言って家族や友人に見せる者も続出したぐらいだ。 

皆、共通して2度と見たくないと言っていた。テープはまた貸し、
また貸しを繰り返してしばらく戻ってこなかったので 

かなりの数の人が見たのだろう。これをテレビ局へ送ったとしても
あまりのショッキングさに放送されなかった思う。 


第一そんな気にもなれなかった。
表にはでないだけでこういった鮮明なビデオは結構存在していると思う。 

テープは持っているのも嫌だったので廃棄処分にした。 

この話、今の職場で何人かに話したんだけど、事故で入院したり、身内に不幸が続いたりと・・・ 
霊感の強い人は読まない方がベターかも。 



170:
 本当にあった怖い名無し:2008/09/14(日) 07:29:19 ID:7Yih/VZu0
あんま病院で映像とか撮らん方がいいよ。 

去年まで神奈川の病院で夜間事務当直の派遣やってた。 
そこは二次救急やってて普段はそこそこ忙しいんだけど、
その日たまたま当直医が入院ptのオペ入っちゃって、夜間外来がほぼストップ。 

めちゃくちゃ暇になった。 

たまたま新人の研修名目で3人で当直してたから、ピザ取って団欒。 
近くの忙しい病院に派遣されてる同僚に写メ送ろうって話になって、携帯で動画撮って送ったんだ。 

したら、すぐに返信があって「あり得んものが映ってる」と。 
すぐに確認したら、全身に悪寒が走って3人とも1分間無言。 
それは、ロビー側から医事課カウンター内でピザを頬張る俺ともう1人を映した構図なのだが、
俺の後ろ、カルテ棚のわきから女性が覗いてるのがパネルみたいにハッキリ映ってて…。 


紫の服を着ていて、なんと表現したらいいのか…顔が尋常じゃない。 
松島ト○コにそっくりのバタ臭い顔の人なのだが、とにかく目が異様にでかく、 
黒目がきょろきょろ動いてるのまでハッキリ確認できた。 


171: 本当にあった怖い名無し:2008/09/14(日) 07:31:17 ID:7Yih/VZu0
無論、そんなとこに人がいるはずがないし、潜んでるはずもなし。 
撮影者に聞いてもまったく気づかなかったと。 
取りあえず、患者の家族が(この時間いるわけないが)
医事課内に紛れ込んだんだろうってことで強制的に収めて、朝を迎えた。 


翌日、医事課の人間に見せたら、大騒ぎ。観たら途中で気分が悪くなるヤツ続出で、
すぐに消した方が良いということになって消去。 

一応、防犯上の問題ってことで、総務課の人間がその日の面会簿をチェックしたが、該当者はなし。 
どっちにしろ入院患者にしろ家族にしろ、物理的にそこへ裏からは入れない。 

偶然だろうが、撮った奴と観た医事課の女の子のうちひとりが一週間以内に脳溢血で入院。 
もうひとりは翌月に鬱病で離職。 
俺もベル麻痺になって、片目が一週間閉じられなくなった。 

しかし、あのとき送ったほうの動画がまだ生きてて、出回ったらしい。 
某医療事務派遣の間じゃ。去年、結構話題になったらしいけど、知ってるヒトいます? 



194:
 本当にあった怖い名無し:2008/09/15(月) 16:40:16 ID:VobZgtZpO
某医大に入院してた時、夜中眠れなくて煙草を吸いに
一階のロビーにある喫煙所へ行こうとエレベーター中央のホールへ 


エレベーターは3つあってこんな夜中なのに昇り降りが
激しいなーと思いながら下のボタン押そうと思ったら自分の階で停まり出した。 

誰か降りるんだと思って左に寄ってて扉が開いたが 
誰も乗っていない… 

怖くなって病室に戻った。 
後々きっと親切に乗せてくれ様としたんだなと勝手に解釈しました。 



318:
 本当にあった怖い名無し:2008/09/28(日) 01:46:06 ID:qfazc2dN0
自衛隊にいたころに、渋谷の某病院に入院した(急性胃腸炎)。 
激しい嘔吐に苦しんでいた明け方、反対側の建物の屋上に人影を発見した。 
うわーこんな時間に…と思った瞬間、その人影が飛び降りた。 

うわ!と思ってナースコールして、
もたもた来るナースに今の出来事を伝えると、気のせいですよ、とのこと。 

そうか見間違いかあ、でも生々しかったな、
と思ったけど以前吐き気がひどくてそれどころではなくなってしまった。 


しかしその日の昼に急遽病室を移されてしまった。 
理由は「特にありません」 
おかしくねー? 

その病院、建物自体が網走刑務所みたいに
エレベーターから放射状に伸びるつくりになっていて、 

昼間でも薄気味悪い病院だったなー。 



325:
 本当にあった怖い名無し:2008/09/28(日) 20:14:44 ID:qoV86nQh0
>>318 
あの辺って大戦中の兵学校跡とかだったような。 
近所の中学にも兵学校がらみの怪談が一通り揃っていた。 



335:
 本当にあった怖い名無し:2008/09/30(火) 00:14:52 ID:N1F4inaq0
>>318さんの入院していた放射線状の病院で、私も奇妙な体験しました。 
いつもバンザイスリープ(両手をあげて寝る)なんだけど、 
深夜に両手をガッとつかまれた感触で目が覚めた。 
ベッドに横になったまま目を開けると、 
いつもどおりの天井とカーテンが見えるし、近くに誰もいない。 

だけどまるでマウントポジションをとられているかのように 
おなかの上に重みを感じて、両手は握られたまま。 
要するに、透明な人に馬乗りになられている感触がした。 

なぜか、起きてるとバレたらまずい!と感じて寝たふりをしたんだけど 
悪意のある雰囲気でニヤニヤしながら顔を近づけてくる感覚があって 
とても怖かった。 
必死で声を振り絞って、小さな声を出せた途端にその透明人間はいなくなった。 

まあ、入眠時幻覚かな、と思うけど 
両手をつかまれた感覚がリアルでいやだったよ・・・ 



345:
 本当にあった怖い名無し:2008/10/01(水) 01:39:07 ID:HV/pCq1U0
>>335 
元同業さんですか? 
あすこの病院、うちの部隊の幹部も入院したときにキモいもの見たって言ってましたよ。 
夜中にトイレに起きて、部屋に戻ったときにベッドに枕がもういっこあったんだって。 
あれ?って思ってよーくみたら太い足(ひざから下)だけがベッドにノシっと乗ってたって。 
いみわからねえ!って思ったそうな。 



363:
 本当にあった怖い名無し:2008/10/01(水) 19:06:59 ID:IkNEQRKv0
>>345 
同業ではなく、かつて近隣に住んでいた一般人です。 
外来で受診した後、入院しました。 
大部屋の四人全員が一般人だったのが意外でした。 



365:
 本当にあった怖い名無し:2008/10/01(水) 19:23:49 ID:0jXGsIFeO
>>345 
こういう不条理な話大好きだ! 
新耳とか禍々に載ってそう 



530:
 本当にあった怖い名無し:2008/10/20(月) 07:20:57 ID:Kv730yrGO
いかに生きてる看護婦とは言え、夜中にベッドのそばでジーッと立たれると怖い… 
狸寝入りがばれたから?……今だに理由がわからん 



532:
 本当にあった怖い名無し:2008/10/20(月) 09:13:53 ID:pd5T8j4k0
>>530 
何だいそれぇぇ・・・意図が見えんだけに怖っ!! 



619:
 本当にあった怖い名無し:2008/10/30(木) 01:49:17 ID:3HhkqZY30
今年の春先に急患で入院したんですが、初日に病室の空きがなく、 
一晩だけ、料金は取らないという条件で通された6畳ほどの部屋は、 
窓が無く妙に線香臭かったです。 

部屋の前には白いシーツがかけられて、 
検とネームプレートのついたストレッチャーが置いてあったので間違いないと思います。 
幽霊は見ませんでしたがなかなかデンジャラスな体験でした。 



620:
 本当にあった怖い名無し:2008/10/30(木) 04:08:53 ID:Fsa35gom0
>>619 
さらっと書いてあるけど一番怖い 



675:
 本当にあった怖い名無し:2008/11/06(木) 18:44:17 ID:w248vheV0
親父が入院している時、何度か泊り込みで付き添いしたんだけど 
深夜に突然子供の笑い声が聞こえてきた、
そのときはこんな時間になんだろ?程度しか思ってなかったんだが 

声が聞こえた数分後、親父が突然起きて「今、子供が来たけどアレ誰だ?」 
なんて言うから、さすがにびびったよ。 

数日後、子供を連れて見舞いに行った時は、
子供が変にオドオドしてたのでどうしたんだろうと思って 

帰りの車の中で聞いてみたら、病院の中のあちこちに半透明の人がたくさん居たんだそうで 
そのうちの一人がずっと付いて来て怖かったって言ってた。 

病院は怖いなとつくづく思った出来事だった。 



677:
 本当にあった怖い名無し:2008/11/06(木) 23:05:08 ID:utKpnu0pO
>>675 
その手の話を待っていたんだよ。 



678:
 本当にあった怖い名無し:2008/11/07(金) 14:39:14 ID:UjeaiNHo0
あたしはオバちゃんだが、若い頃に看護師していた頃の話。 
よくあったのが、仮眠室の幽霊。 

まだ新人で慣れない当直に疲れて仮眠中、 
フト目を開けると押入れから普通のオヤジが出てきた。 
ドアに鍵なんて掛かってないから、泥棒!痴漢!かと、若い娘だった自分は固まった。 

目だけしか動けん。怖い~!と思ってるとオヤジは私を見ずに 
向かいの壁へと消えていった。真っ直ぐス~っと溶け込んで入った。 
うぎゃああー!って叫んで隣のステーションへ駆込んだら先輩に怒られたが… 

「ああ、あのオヤジね。よく出るから。つーかあんた、今まで知らなかったの?」 
って翌日言われた。看護師って凄いなと思ったわ。 
今は「ああ…あれね」って新人に静かに言ってる方です。うひ。 



679:
 本当にあった怖い名無し:2008/11/07(金) 15:30:24 ID:CJr4LD1+0
おばさんこえぇ 



82: 名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/15(日) 03:54:23 ID:Qf/4b/mw
夜中 トイレに行こうとして廊下を歩いていたら、 
個室の扉が開いていて中から声がした。 
「看護婦さん呼んで~」 
中を覗き込むと、ベッドで寝ているおばあさんが 
付き添いで隣に座っている別のおばあさんに言っているようだった。 

付き添いのあばあさんは、うなずくだけで動こうとしない。 
なんで呼んでやらないのか、わからない。 
はじめはささやくような声だったが、だんだん大きくなった。 

ナースコールを押せばいいのに、と思いながら 
部屋から離れようとすると、 
「にいちゃん 助けて~」と大声で言った。 
それで気づいた。 
「看護婦さん呼んで」は俺に言っていたようだった。 

俺が「今 呼んでくるから」って言っても 
今度はそればっかり言いだした。 
その声もだんだん大きくなって、 
廊下に響き渡るくらいになってきた。 

俺は廊下をナースステーションへ向かって走り出した。 
後ろから「ギャー!」って叫び声がした。 
その声は異常に大きく、ナースステーションの近くまで 
来ていても十分聞こえた。 

中に居た看護師に 
俺「○○号室の患者さんが叫んでるよ」 
って言ったら、看護師は疲れた表情で 
うなずいてそのまま別の仕事をしている。 

「叫び声 聞こえないの?」 
って言ったら 
「ごめんなさいね。後でいきます。」 
俺が「でも、すごい声がしてたけど」っていったら、 
ようやく立ち上がって、 
「だれが扉を開けたのかしら」って言いながら部屋へ向かった。 


83: 名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/15(日) 04:33:56 ID:Qf/4b/mw
>>82の続き 

看護師は俺に もういいから寝てください みたいなことを言いながら 
おばあさんの部屋へ向かった。 
俺の部屋も同じ方向なので、いっしょに行った。 

部屋に着いて 
俺は気になったので、中を覗こうとしたけど 
付き添いのおばあさんがチラッと見えただけで 
看護師が扉を閉めてしまった。 

次の日の夕方、昨日の看護師が俺の体温を測りに来た。 

看護師「あのおばあさん、いつも大声で叫ぶので個室に 
してもらってるんです。だから扉は必ず閉めるようにしてるんです。 
おばあさんも、今は歩けないので扉を開けれないはずなんだけど…。 
昨日、あの部屋の扉を開けませんでしたか」 

俺「いいえ。知らない人の部屋なんか開けませんよ。 
たぶん、付き添いの人が開けたんじゃないですか」 

看護師「あの人は付き添いの人はいませんよ。」 

俺「ええ!昨日 部屋の中に入る時にもいましたよ」 

看護師「うそだ~ 患者さん一人でしたよ~」 
看護師がなんか俺のことを気味悪そうに見たので、 
俺は適当に 見間違いだったかな とか言ってごまかした。 

でもほんとうは、あそこにもう一人 おばあさんがいたんだ。