http://zansin.at.webry.info/201410/article_15.html引用

皇太子夫妻に対しての批判が一部にあるが、それは不当なものなのか。
ついに小和田家の秘密  (BBの覚醒記録)

<一部抜粋>
『 小和田雅子さんの入内じたいがその出自に疑問を持たれた、
昭和天皇の御意向に背いた「不敬」行為であったという事実が指摘されていて、これも拙ブログがずっと言い続けて来たことです。

その大不敬に加担したのが他ならぬ小和田氏ご自身と、高円宮ご夫妻でいらしたことも。

もし高円宮ご夫妻が、小和田家の出自を薄々でも察知しながら
雅子さんを宮中に押し込んだとなると、更に許されざる不敬行為ですね。
極端な言い方をすると「日本人ではない人」を皇族として皇居に送り込んだ。

東宮夫妻を批判すると、それが事実であっても「不敬」であると
断定する保守の人たちは、東宮夫妻の昭和大帝への大不敬に関して
どう整合性をつけるのか。


母方の江頭家が、チッソ水俣の不浄に関係したお家であることも
改めて付記しておきます。その姓から、こちらの出自に関しても
以前から疑問視されていることはご承知のとおりです。
仮にそれが事実だとすれば、こちらも半島の可能性が皆無では
ありません。おおむね血脈似通う家が結びつきます。
鳩山家の母方がそうでしたね。
小和田雅子さんの入内にあたって、解放同盟がうごめいたのも事実です。
しかし江頭家に関するこの部分はあくまでも推測、仮説レベルです。 』

東宮家のことについてネットで見ても、「天皇家に物申す」ようなことはどうか?と思っていたが、雅子妃との婚儀について、昭和天皇と入江侍従長が反対していたということを聞くと何とも物申したくもなる。

実際のところはよく分からないが、東宮家に批判の目が向けられるのも理由があるのだ、と思いました。